〔小説〕八大龍王伝説 【488 猛牛狩り(十一) 〜第三の弓兵〜】

 八大龍王伝説

【488 猛牛狩り(十一) 〜第三の弓兵〜】

〔本編〕

 グラフ将軍の別働隊小隊長の一人が、まだ記憶を失っている第三龍王シャカラで、その当時は、ハクビと名乗っていた。

 ハクビの小隊の一人がマークであり、妹のレナ、そしてドンクやシェーレも、メンバーだったころの話である。

 とにかく、バルナート帝國のケムローンによって負わされた手傷により、マークの筋肉と腱の両方が断裂し、傷が完治した後も、腕を動かすのには、それほどの支障はないが、重いものを持つのは難しくなり、普通の弓を射る行為は難しくなった。

 そのためマークは、一旦は弓を諦め、剣兵へ兵種を切り替えた時期もあった。

 元々、剣への憧れもあったためであるが、やはりある程度殺傷力が見込まれる剣となると、ある程度の重量を要しているため、弓ほどの正確性は必要ないにしても、剣兵として普通に活躍が見込める程にはなれなかった。

 そうこうしている間に、龍王暦一〇五一年三月に、ソルトルムンク聖王国は、龍王暦一〇五〇年のバルナート帝國との期限付き休戦協定が締結されている間に、バルナート帝國に加担した西の小国ミケルクスド國を滅ぼすべく攻め込んだ。

 結果は、知略の王ラムシェルを戴くミケルクスド國に大敗を喫し、その時にマークはミケルクスド國に迎え入れられたのである。

 捕虜ではなく、客人としてである。

 それからというもの、マークは、ラムシェル王の妹であるユングフラから気に入られ、常にユングフラの傍(かたわ)らに仕えるようになった。

 つまりは戦場――それも最前線で戦うことは無くなったのである。

 しかしそれはそれで、マークとしては不満がないわけではなかった。

 つまり、自分は、ユングフラの傍にいて、何の役に立っているのか?

 そのことを、ユングフラに話したとき、姫は笑いながら、マークが自分のそばにいれば、それで十分と答えた。

 しかし、いくらユングフラから、そのように言われても、マークとしては、納得できなかった。

 その時の、マークとユングフラのやりとりが、以下のとおりである。

「姫! いくら傍(そば)にいるだけで、良いといわれても、私も何か姫の役に立ちたい! そうは言っても、今の私には、姫の役に立てる術が、何もない。それでいて、姫は無双の戦士。やはり私には何もできないのか?」

「私は、マークがそばにいてくれるだけで、十分であるが、マークの心情も理解できる。それならば、私を守るために弓を極めて欲しい」

「……?」

「マーク! お前が強い弓を引けない腕である事情も十分に分かっている。しかし、私を守るのに、強い弓は必要ない! 正確性に特化した弓兵になってもらえればよい!」

「つまりは、狙撃手(スナイパー)ということですか?」

「スナイパーとも違う。むろん、ハンター系ではない。イメージとしては、暗殺者(アサシン)版の弓兵(きゅうへい)かな」

「?! ……姫のおっしゃりたい意味合いが良く分からない。茂みなどで相手を待ち伏せして仕留めるのであれば、やはり狙撃手(スナイパー)ということになるが……」

「スナイパーは、正確性に加え、遠距離から敵を狙うため、強弓(ごうきゅう)でなければ務まらない。私が言っているのは、私の傍(かたわ)らにいて、私を狙う輩(やから)を倒す弓兵。むろん、私は自分の身をある程度、自分で守ることができる!

 それでも、私を、力なり技量なりで、凌ぐ敵がいないわけではない! そのような敵を、私のそばで牽制し、私が敵を倒すのを、側面からサポートできる弓兵だ! 強弓である必要はない! それよりも、限りなく矢を正確に射ることができるようになってもらいたい。私の言いたいことは分かるか? マーク!」

「……しかし、矢を正確に射るのにも、やはり力は必要だ。弓を構え続けるという……。今の私には、その力すらない!」

「普通の弓を使用するのであれば、今のマークの言った通りだ。しかし、限りなく軽量の弓――つまりは、手弓の部類であれば、構え続けるのに、力はそれほど要らない! 場合によっては、手首に縄などで、弓を固定することによって、使用することもできる」

「しかし手弓は、あまり戦闘経験がなく、力も弱い女性や子供が使用する、護身の域をでない武器。そして、手弓で射ることができる矢は、かなり短い矢ということになる。

 確かに軽いから、膂力(りょりょく)は、あまり必要ないが、当然、そのような武器では、殺傷能力もほとんど期待できない! 鎧はおろか、厚手の皮の服ですら射抜くことができない代物。そのようなモノでどのように姫の役に立てるかが、皆目見当がつかない!」

「確かに、マークの言うとおりだ。鎧や厚手の服を射抜くことを目的としているのであれば、当然その通りだが、私の考えは、矢は皮膚に直接刺されば、それで良い! さらにいえば、深々と刺さる必要すらない。ちょっと数ミリ刺さる程度。……いや、刺さらなくても、皮膚をかすり、傷を負わせる程度で良い。なぜなら、その矢には……」

「毒が塗ってある!」

「分かっているではないか! マーク!」

「毒を使用するのか?! 姫の性格からは想像できない、卑怯な戦法のように思えるが……」

「マーク! 何故、毒が卑怯な戦法という結論に至る? 毒も殺傷兵器の一つではないか?!」

「しかし、毒は剣や槍と違い、直接、敵を倒すのでなく、間接的に、相手の身体に入り込み、その者の命を奪う。そう、聖皇国の黒蛇軍が使用したように、直接的な戦闘員でない民の力を根こそぎ奪うではないか! 赤子(あかご)などの一人の例外もなく……」

「マーク! 黒蛇の話は、ちょっと飛躍し過ぎだ! あれは、使用する側の性格が、外道なだけであって、毒自体が問題ではない! だいたい、剣や槍のように直接殺傷する行為は真っ当で、間接的に命を奪っていく毒が卑怯というのは、いささか型にとらわれ過ぎと思うが?」

「……!」

「話を進めるが、要は、マークに目指してもらいたい弓兵の在り方は、至近距離から、敵の鎧の隙間を狙う弓兵だ。どんなに堅固な鎧でも、人が装着して、かつ活動するためには、絶対に、関節部分などに隙間が必要である。……というか、全く隙間のない鎧はあり得ないし、人の動き次第では、その隙間はさらに広がる。少なくとも、矢が飛び込むぐらいの隙間は、無数に存在する。

 マーク! お前はその鎧の隙間に、矢を打ち込む! それには、力(パワー)は必要ない! 必要なのは、その隙間を見つける目と、相手の動きから、どこに隙間が出来るかを想定する頭脳。そして、その隙間に確実に打ち込める弓の技量があれば良い! どうだ、マーク! それならばお前にも、十分可能性があるのではないか?」

「何か、姫は私を、慰(なぐさ)めているのか、貶(けな)しているのか大いに判断に苦しむところだが、逆を言えば、動体視力を鍛えることを始めとして、鎧の隙間を推測する能力、矢を放つ判断力、そして判断にすぐに応じられる、弓の技量と、瞬発力。さらには、相手に隙を晒させるよう仕向ける策略を考えつく頭脳を、併せ持たない限り、その役目は難しいと、言っているように聞こえるが……、それも、それぞれの能力を、かなり高い水準で達成しろと言われているような気がするのだが……」

「フッ、気づいたか。今、お前の言った能力を、極めない限り、私の役には立つ弓兵にはなれない! あくまでも、今のお前でも可能性があることを伝えたのだが……、やはり難しいかな?」

 ユングフラは意地悪そうにニターっと、マークに向かって、笑ってみせた。

「ここで何もしない前から、弱音をはけば、それこそ姫から見捨てられよう……。分かった! その姫の要望に応えてみせる! 役に立つかどうかは、後で考えても遅くはない!」

 弓兵において、アーチャー系とハンター系の二大系統とは違う、第三の弓兵(きゅうへい)誕生の瞬間であり、上記のやりとりから、四年以上の歳月が経ったのが、現在(龍王暦一〇六一年二月)である。

〔参考 用語集〕

(八大龍王名)

 沙伽羅(シャカラ)龍王(ゴンク帝國を建国した第三龍王とその継承神の総称)

(神名・人名等)

 グラフ(ソルトルムンク聖王国の地利将軍)

 ケムローン(ヴォウガー軍団長の副官。故人)

 シェーレ(元ハクビ小隊の食客

 ドンク(元ハクビ小隊の一人)

 ハクビ(記憶を失っていた頃のシャカラ)

 マーク(ユングフラの付き人。元ソルトルムンク聖王国の民)

 ユングフラ(ラムシェル王の妹。当代三佳人の一人。姫将軍の異名をもつ)

 ラムシェル王(ミケルクスド國の王。四賢帝の一人)

 レナ(元ハクビ小隊の一人)

(国名)

 ヴェルト大陸(この物語の舞台となる大陸)

 ソルトルムンク聖皇国(龍王暦一〇五七年にソルトルムンク聖王国から改名した國)

 ソルトルムンク聖王国(大陸中央部から南西に広がる超大国。第八龍王優鉢羅(ウバツラ)の建国した國)

 バルナート帝國(北の強国。第七龍王摩那斯(マナシ)の建国した國。金の産地)

 ミケルクスド國(西の小国。第五龍王徳叉迦(トクシャカ)の建国した國。飛竜の産地)

(兵種名)

 アーチャー系(重装備の弓兵の系列。アーチャー、スナイパー、ドラゴンスナイパーがそれにあたる)

 スナイパー(第三段階の重装備の弓兵。いわゆる『狙撃手』)

 ハンター系(軽装備の弓兵の系列。ハンター、ホースハンター、ワイヴァーンハンターがそれにあたる)

 アサシン(第三段階の剣兵。諜報活動に優れている。いわゆる『暗殺者』)

(その他)

 黒蛇軍(ソルトルムンク聖皇国七聖軍の一つ。グロイアスが将軍)

 黒蛇の件(【348 クルックス討伐戦(三) 〜恐怖の碧牛軍〜】〜【350 クルックス討伐戦(五) 〜戦局〜】を参照)

 小隊(この時代の最も小規模な集団。十人で編成される。ちなみに中隊は五十人規模、大隊は二百五十人規模である)