東京―横浜の旅

16.17日のお話。

16日はキンキさんの20thパーティライブに行ってまいりました。

横浜、球場スタンドだったけど座っても見れてBBAにも優しい席であった。

今回剛くんが不調にて通常のライブではなかった、それでも払い戻しするファンもなく、むしろ盛り上がってた感あります。

逆境には強いのです。

当初予定していた構成をすべて白紙にし、バンドのみのステージで光一くんの司会進行的な。

予想していたものとは全然違いましたぁ、まぁ不満な人もいそうですけど自分的にはとっても楽しめたです。

普通に歌って踊る光一を想像し、MCに剛が映像で中継かなと思っていたのですが初めから最後まで中継繋がってた。

剛は身体とか全然大丈夫だったけど、ライブの爆音やファンの高い声が耳に悪くてドクターストップ、ならぬ光一ストップがかかったそうです。

愛がたくさん見られたステージだった。

駆けつけてくれた仲間・後輩、先輩というか同期は長瀬だけだったね。

タッキー・セクゾン勝利・カツーン中丸・上田・NEWS増田・内・嵐相葉・松本。

二日目はこんなに来ましたよ!Vちゃんは来なかった・・まぁしかたない。

ほとんどバックで踊っていたっていう子たちばかりだったので二人ずつ光一のバックで踊ってくれて面白かった、昔の歌ばかりなのでそれにもアガル。

相葉・松本は歌番組でやった愛されるより愛したいをもう一度やってくれて幸せ、大好きだこの歌。しかももう一曲・・なんだっけ、2曲もやってくれました(笑)忘れた。

増田はキンキ曲大好きってことで剛パートで「薄荷キャンディ」歌ってた、尊敬する光一とデュエットwwすごいのぉ。

いろいろ歌ってる間、剛は落書きしてました、似顔絵。

キンキのバックにカトゥーンがいたのはしらなかったのでなんか貴重。

みんなばっちり振り覚えててすごかったぁ、歴史を感じます。

先輩のバックのフリは忘れないらしい、光一もSMAPのは忘れてないようなのでそういうシステムなのでしょう、素晴らしいね。

嵐といえばV6とキンキのバックが多いので話が出るととてもうれしい。

Vのコンにも来てくれたからねぇ、嵐は忙しいのに偉い子たちだ。

中継越しだと音がずれて一緒に歌えないと嘆く光一くんが二人の歌を聞かせたいと配慮してくれて「もう君以外愛せない」を頑張ってくれた。

ほんとに剛の声が遅れてくるので合わせては歌えなかったけど、パート分けて歌うところは剛も歌ってた。剛の歌が聞けたので満足。

自分が早く歌えば合うと頑張っていたので最後一小節はかなり合わせてきててなんか感動です。

そうだった、これもすごくて、何曲か光一とパート分けて一緒に歌えたというのはすごい経験だったねぇ。

ツヨのパートをみんなが歌う、自分も声枯れるほど歌ってきました。

鳥肌立つくらいよかったです、てか何度か泣きそうになったww

映像化は無理だろうけどなんか残してくれるとうれしいなぁ。

思わぬ記念日パーリーとなりましたね、多分次回はまた記念ライブしてくれるだろうと思います。二人揃って、並んでお祝いしたいって言ってた。

いつも毒舌な光一王子も今回はかなり自粛してたみたい、言ってたけど(笑)

不安がないわけないよね、すべてアドリブみたいなものだから。

バンドメンバーにも恵まれてますし、愛が詰まったコンサートでした(;;)

これもメインだったけど、次の日のおそ松カフェもメインな自分。

それはもういいか。交換会が凄まじかった件。お陰でかぶったのは変えてもらえたぞ!

ゲーセンの限定花札松色紙がゲットできなかったのが切ない・・なんで関東限定とかやってんの?意味わかんない。

セガで花丸ちゃんクリアファイルをゲットするために、おそ松のゲームするやつww対象が多くて助かるねぇ。

なんかでっかいエリザベスを取ってしまい、持って帰るのが大変だったバカ。

サンシャインはかわいいけど我慢した、μ’sを思い出すとまた破産の道なので。

ライビュ行きたいのに取るの忘れたぁ、まだ行けるだろうか、誰か一緒に行きませんかぁ。みんな現地行ってそうですね(0。0)

どうにか一度は行きたいので探してみるとしよう、その前にすべての歌を手に入れなければ!まだ半分くらい。未熟ドリーマーがむっちゃ好き。