さようならバリ島

日の出前に起きて

ウオーキングしながら

待つ

天気が悪いのかなあ、、

今日は、見れないのかも。

お?

おお!

うおおおー!

見れたー

すごいんですよ

ばあーっと

身体が熱くなったんです。

太陽って、すごいです。

ええもん、見れました。

部屋に戻り

荷物を整理し

チェックアウトまで

Dは読書

庭のここで本読んだ思い出に撮ってと言われ

撮るも

これ、たぶん後で見たら

単なる四畳半の部屋で寝てるおじさんやけど

いい?と、前置きして

撮りました。

これでいい?

荷物は預けて

私のリクエストで

空港に行くまで

サイクリングをすることに

ずっとビーチ沿いに走り

お尻が、痛くなるほど乗って

最後のナシチャンプルを食べに

美味しかったー

隣の席に

お店の雰囲気にぴったりのお客さんを

見て

見とれてしまい

隠し撮り

壁の色と家具と彼女の洋服が

同系色なので

彼女がとけこんでます。

ああ、皆さんお別れの時がきました。

私の旅日記は皆んな楽しみにしてくれていて

とくに

Dがらみの話は

なんとなく笑いを誘うようです。

これが、私の夏休みでした。

皆さんはどんな夏休みをお過ごしでしょうか。

下の写真は

この店を撮りたかったDが

撮るよーも、何も言わず

私が写り込んだらしいまたしても愛のない写真です、、

また、いつかバリ島来たいです。

Dさんお疲れ様。ありがと。